こんにちは!シミズ新聞店です。清水区の新聞はシミズ新聞店におまかせを!
シミズ新聞店


シミズ毎日編集室 » 編集室こぼれ話 » 総員玉砕せよ

総員玉砕せよ

H27.12月30日(水曜)


終戦70年目を迎えた今年が

明日で終わりますが



その今年が残りひと月ほどになった日



水木しげる大先生

永逝の訃報が流れ



鬼太郎愛を共有する友人からは

ただちに哀しみのメールが届きました。




その悲報を知らされた私は

スッと会社の机の引き出しを開け


たまった資料の底の方を

ゴソゴソしました。



やっぱり出てきました。




捨てられなかった

2014年 8月13日付 毎日新聞(夕刊)

の1ページ。



特集ワイド「この国で確かにあったこと⑤」で


水木しげるさんが

太平洋戦争について語っている紙面です。



水木さんは激戦地・ラバウルで自身の左手を失い

あまたの戦友を失っています。




この記事をいま一度読み返してみました。



あらためて印象づよい一節は



  「 日本に戻ってからは

   『かわいそう』という言葉は使わなかった。

    この言葉は戦場で命を落とした

    兵士のためにあるのですから 」



 という、水木さんの言葉です。






またその記事中で


水木さんが

「 自身の著作の中で、一番好きな作品 」

とおっしゃっていたのが




『総員玉砕せよ!!』 (講談社)




内容の90%が

水木さん自身が見聞きしたことだという


戦記漫画です。




記事を読み返したことで



この作品を

読みたい、読まなくては、と再び思い



シミズBOOKSに確認したところ

残念ながら

同著書はいま絶版中。


出版社にも在庫がないとのことでした。

がっかりだ




… と、思ってたところ




私が(時として)リスペクトしてやまない男性



捨文 金五郎氏

(= ペンネーム。こぼれ話『面妖な贈り物』の回参照 )
   

が、やってくれました。



この水木さんの残した作品のしかも初版本を

「持っているよ」

と、貸してくれたのです。







ありがたく、読ませていただきました。





ラスト10ページほどは

言葉の記述はほどんどなく



壊滅状態の日本軍の

凄まじくむごたらしい惨状が

細密な劇画のみで描かれ



ラスト1ページは

無言の死体の山、白骨の山

の描写で終わります。




これが事実なんだ

と、突き付けられた感じです。





                            
ちなみに新聞記事の最後は


  「死んでいった兵士たちが描かせた本」

   を手にしてほしいと切に願う。


で、括られていました。





来年、同作品の重版を望みます。



                 【編集:杉山】










  ページのTOPへ
【シミズ新聞店】   〒424-0808 静岡市清水区大手1丁目3-1 TEL:054-366-1577 FAX:054-367-9289