こんにちは!シミズ新聞店です。清水区の新聞はシミズ新聞店におまかせを!
シミズ新聞店


シミズ毎日編集室 » 編集室こぼれ話 » 俳句の話

俳句の話

H27.3月17日(火曜)


いま巷では

空前の「川柳ブーム」

だということを、先日テレビを見ていて知りました。



トンチや風刺の効いた五七五の世界に

シニア世代を中心とした

多くの方が魅せられている、ということでした。




今回はそんな川柳と同じ五七五の

「俳句」の話なのですが




私は中学生の頃


「国語便覧」をぺらぺら眺めていて


夏目漱石の

ある有名な一句に出会いました。



当時の私は

想定外にその俳句に心を奪われ



たった 五・七・五の十七文字が持つ

( その句は上5が字余りで
          六・七・五の十八文字でした )


とんでもなくでっかい世界観に



漱石すっげー俳句すっげー

と、ひとり静かに感動し


                 
「私も俳句が詠めたらなあ」

と、思ったということを覚えています。



このとき

国語の授業での経験から

自分に作句センスがないことを知っていたため

すぐに詠んでみようと試みませんでした。





時は流れ

やはり俳句を知らない大人になりました。



しかし

社会人になってまもなく


司馬遼太郎氏の 『坂の上の雲』 を読みはじめたとき



再び俳句への憧れがむくむくし出し


「 いつか俳句を習ってみたいなあ

(でも自分きっと習わないんだろうなあ) 」


と、思ったことを覚えています。





そして

その予想を裏切らなかった

現在



乗っている車のナンバーが575なだけで

とくに俳句とは関わりのない毎日です。



ですが

俳句に惹かれる小さな気持ちが

常にどこかにあるというのもホントで



おととい


『 酒場詩人  吉田類の 旅と酒場俳句 』

 ( 吉田類/株式会社KADOKAWA )


を、シミズブックスで購入しました。



まだ読んでいませんが

読んだら

また自分の中の俳句熱に変化がありやなしやで

楽しみです。



                   【編集:杉山】

  ページのTOPへ
【シミズ新聞店】   〒424-0808 静岡市清水区大手1丁目3-1 TEL:054-366-1577 FAX:054-367-9289