こんにちは!シミズ新聞店です。清水区の新聞はシミズ新聞店におまかせを!
シミズ新聞店


シミズ毎日編集室 » 編集室こぼれ話 » 本の話⑦

本の話⑦

H25.12月5日(木曜)


街頭インタビュー


的なものを、初めて受けたのは

おそらく大学時代で

京都にいる友人を訪ねた時のことです。



夏の終わり

ふたりで鴨川の土手に座り


出町ふたばの豆大福をもぐもぐしつつ


デルタをぼけーと眺めていた

一瞬でした。




「すみません!

 秋っていうと、あなたのイメージ、何色ですか!?」


おそらく同年代の地元大学生。

サークルかなんかの活動でしょうか

ショートカットの可愛らしい女子から

突如、声をかけられました。
 

とっさに

私 「ちゃ、茶色」


すかさずインタビュア 「それはどうしてですか?!」


私 「栗の色…でかな」


インタビュア 「アハッ!ありがとうございましたー!」



アハッってなんだと思いましたが

去っていくインタビュアの後ろ姿を目で追いながら



「自分って、秋と言ったら栗なのか…」



と、思いがけず我が愛栗心を知ることとなった

街頭インタビューデビューでした。



―― そんな

とりとめのないことを

読後にふと思い出したのが



冒頭が街頭インタビュー


「あなたの夢ってなんですか?」

 から始まる物語


『 和菓子のアン 』   坂木司   光文社文庫    



主人公はぽっちゃり系女子の杏ちゃん。

彼女が働きはじめたデパチカの和菓子店でまきおこる

ほのぼの系ミステリアスな事件の数々…



文章も内容も簡単さくさく読むことができ

「ちょっとしたらドラマになる」

のを予感させる1冊。


――なんて思っていたら


県内の本屋さんが選ぶ 『静岡書店大賞』 の

文庫部門 映像化したい文庫

第1位に

今年は同書が選ばれていました。




ちなみに

児童書 名作部門には

やっぱり人気


『ぐりとぐら』   中川李枝子  福音館


が、第2位にランクイン!




  (↑これはシミ毎・佐野さんがこの前
             
      取材先でいただいてきた、手づくりの、ぐりとぐら)


今年が生誕50年。

この野ねずみたち、いついつまでも可愛すぎる。



                            【編集:杉山】

                         
  ページのTOPへ
【シミズ新聞店】   〒424-0808 静岡市清水区大手1丁目3-1 TEL:054-366-1577 FAX:054-367-9289