こんにちは!シミズ新聞店です。清水区の新聞はシミズ新聞店におまかせを!
シミズ新聞店


シミズ毎日編集室 » 編集室こぼれ話 » やさしい光

やさしい光

H23. 7月1日(金曜/シミ毎発行日)


無常のはかなさの代表。

わずか4日。 生きる力。 日本人特有。



先日の毎日新聞の夕刊

蛍の特集記事を読みました。

蛍が日本人の心をとらえてやまない
その理由を追う内容です。


記事によると

蛍が自生する環境を見て
豊かな自然に思いをはせることが観賞のたのしみのひとつ

でもあるし


古くから

亡くなった方が蛍になって戻ってくるという表現や

ひとり身を焦がす「秘めた恋」の題材としても

数多く使われているほどだし


さらに

見られる時期の短さや、光のはかなさ

にも、蛍に惹かれる理由があるとのこと。


「小さな明りを失うことに

(美しさの盛りが過ぎ、消え失せていくことに)

むしろホッとする」



日本人が〝無常〟に安心を見出していることを語ったのは

作家の村上春樹さんで


日本人がいつもその無常を受け止めてきたのは

それが生きる力

にもなることを知っているから
だそうです。




先月
私も蛍の舞う川辺に連れて行ってもらいました。


ふぅわと光り、フッと消え


水面の無数の蛍を見ながら


じわり何かを考えていたような、いなかったような。


                           【編集:杉山】
  ページのTOPへ
【シミズ新聞店】   〒424-0808 静岡市清水区大手1丁目3-1 TEL:054-366-1577 FAX:054-367-9289